できるだけキレイな状態で査定してもらおう


お酒の買取金額は状態によって変わります。
ラベルが古ぼけていたり、瓶が汚れてしまっているお酒は相場より買取金額が下がる場合が多く、プレミアが付いた銘柄でも、査定結果が相場以下になることも珍しくありません。
売却する時は、極力キレイな状態にしてから売ることが必要です

ラベルなどは経年劣化の影響もあり対処のしようがありませんが、瓶に付いた汚れや埃は取り除いておきましょう。
乾いた布で拭き取り、キレイな状態で査定してもらうことをおすすめします。

多くの本数をまとめて売ろう


買取業者はお酒を一本から買い取っています。
しかし、買取金額をアップさせるならできるだけ多くの本数を買い取ってもらいましょう
お酒の買取では、買い取ってもらう本数が多ければ多いほど高値になりやすいためです。

お酒をまとめて売ることで、業者は買取に必要な人件費や送料などのコストを削減できます
これが買取金額に還元され、高く買い取ってもらえるのです。
複数回に分けたり、少量ずつ売ったりすると、損をする可能性があります。
飲まなくなったお酒は一度にまとめて売りましょう。

飲まないお酒は早めに買い取ってもらおう


あくまでもお酒は食品です。
保管している間にもどんどん劣化してしまいます。
眠っているお酒は早めに業者へ買い取ってもらいましょう。
いつか売ろう、と考えている内に劣化が進み、買取価格が下がってしまう可能性もあります

ブランデーのように、年月とともに熟成が進むお酒も少なくありませんが、蒸発品質の変化は避けられないでしょう。
日本酒など一部のお酒では賞味期限が設定されている場合もあります。
賞味期限が過ぎると買取自体難しくなるため、早めに売ることが大切です。

複数の業者に査定してもらおう


お酒の買取価格は業者によって異なります。
手間は増えてしまいますが、複数の買取業者へ査定してもらうことも買取価格を上げるコツです。
1円でも高く売りたい時は、高値買取してくれる業者を見つけましょう。
複数の業者から査定をもらえば、高値で売れる業者を簡単に探せます

査定にかかる時間を短縮するために、ネットの査定や画像査定を活用しましょう。
事前に各銘柄の買取相場を調べておき、それと比較する方法もおすすめです。
お酒の状態にもよりますが、相場に近い値で買い取ってくれる業者を見つけましょう。