家で眠っている飲まないお酒を買い取ってもらえる


お中元やお歳暮、あるいは記念日などに誰かからお酒を貰った経験はありませんか?
自分好みのお酒であれば問題ありませんが、好みでないものや飲む予定がないお酒などは、気づいたら棚の奥で眠っていることも珍しくありません。
しかし、飲まないお酒を眠らせておくのはもったいないと考えたことはないでしょうか。

もし眠っているお酒があるなら、業者に買取してもらうことをおすすめします
お酒が売れるのか?と思うかもしれませんが、飲んでいない・未開封のお酒の大半は買い取ってもらえます。
例えば贈呈品として貰った飲む予定がないお酒や、記念日に購入したまま開封していないお酒などがあれば、査定を受けてみると良いでしょう。

お酒の消費期限に注意しなくてはいけませんが、高値で買い取ってもらえる可能性もあります
特に年代物のお酒希少価値が高いものに関しては、買取金額も高くなる場合が多いのです。
買取無料の業者も多く、気軽に査定してもらえます。

いつか飲むと思ってお酒を眠らせている方も少なくはありませんが、結局飲まずじまいで捨ててしまう家庭も多いでしょう。
飲んでいないお酒などは捨てず、売却して処分するほうがお得です。
お酒が現金に変わりますので、好きなお酒を購入する費用に充てても良いでしょう。
飲まないお酒をそのまま眠らせておくのは宝の持ち腐れです
意外な高値で売れる場合もあるため、一度査定を受けてみることをおすすめします。

どんな種類のお酒でも売れる!


お酒の買取業者の買取品目は様々ですが、基本的にどのようなお酒でも売却できます。
一般には売れそうにないお酒の銘柄でも、業者に査定や買取をしてもらうことは可能です。

例えば日本酒焼酎泡盛はもちろんのこと、ブランデーウイスキーワインシャンパンなども買い取ってもらえます。
特にブランデーやウイスキーは眠らせてしまう家庭も多いですが、飲む予定がない場合は買い取ってもらいましょう。
人気の高い銘柄やブランド品などに関しては、高額査定になる可能性も高いです。

業者によっては、スーパーなどで市販されているビールも買取対象になっています
お中元などで頂くことも多いビールですが、飲んでいないものは買い取ってもらうのがおすすめです。

瓶の割れや欠け、保存状態に注意


ただし、お酒の種類を問わずに買い取ってもらえるとは言っても、お酒の状態には注意が必要です。
すでに開封されたものは業者も買取していませんので、開栓されていないか確認しておきましょう。
また、開栓された形跡がなくても、年月が経って中身が減っているお酒は買取が難しいです

ほとんどの業者では、瓶が割れたり欠けたりしたお酒も買取できません
衝撃を与えて瓶の割れ・欠けがあるものは中身が減っているか、内部に破片が落ちている可能性があるためです。
特にブランデーやウイスキーは注意が必要でしょう。

紫外線などの影響で中身が劣化したもの・変色したものも値が付きにくいため気を付けましょう。
飲む予定がないお酒は冷暗所で保管することが大切です
売却予定の方は、査定を受ける前に状態を確認しておくと良いでしょう。

査定・買取方法も簡単


お酒の買取業者は様々ありますが、査定・買取方法も多様です。
業者により利用できる方法は違うものの、持込み・出張・宅配のいずれかの買取方法を選べます。

持込み買取は、業者の店舗までお酒を直接持ち込んで買い取ってもらう方法です。
もし近くに店舗があるなら利用してみると良いでしょう。
その場で査定と買取をしてもらえることが利点です

出張買取は業者が直接自宅まで査定・買取に来てくれる手段です。
大量にお酒を売りたい方や、持ち込むのが面倒な時に適しています
自宅で査定を受けられるため、安心感が大きい買取方法になっています。

そして宅配買取は、業者が指定する場所までお酒を送付して査定・買取を行う方法です。
近くに業者のお店がない方、出張買取を利用できない方に向いています。
家から直接発送するだけで売れるため、時間が取れない方でも利用しやすくなっています

買取業者の多くは、これら3つの方法の中から買取方法を選べます。
複雑そうに見えますが、いずれの方法も申込みは非常に簡単です。
例えば持込み買取なら直接持ち込めばすぐ売れますし、出張買取も電話やメールで業者へ連絡するのみです。
宅配買取は申込みと発送の手間がかかるものの、発送後は業者がすぐに査定・買取してくれます。

買取方法によって流れが若干変わりますが、基本的な流れは申込みと査定、そして買取の3ステップです。
どの買取方法が良いか悩んだ時は、業者に相談してみると良いでしょう。
ただし、いずれの方法も買取に必要な書類があります
書類が不足することがないように、事前に業者へ聞いておきましょう。